制服のない幼稚園

制服のない幼稚園に通う事になった時

幼稚園と言えば制服を用意しなければいけないイメージがあるかもしれませんが、実際には制服がなくても構いません。その園によってルールが違い、用意しなければいけない所と私服でも大丈夫な所があります。
ただ制服がないという場合であっても、上着だけは園指定の物を着て登降園しなければいけないという場合も有るので、まずは入園前に良くチェックしておく事が重要です。

幼稚園の制服が必要ない場合は、ある程度の枚数の私服が必要となります。その場合に注意したいのがどういうデザインの物にするかという事です。
現在幼稚園児などが着るサイズの服は様々なデザインの物が揃っており、大人顔負けという物も珍しくありません。勿論おしゃれ大好きな子等はそういうのをあえて買いたがるでしょうし、何より親御さんや祖父母も洋服を買う時は出来るだけおしゃれな感じにしようと言って見た目重視で購入する場合が多々あります。

勿論子ども自身がそれを着て嬉しくなるような服を用意する事、これはとても重要な事と言って良いでしょう。
幼い頃からおしゃれのセンスを磨いていく事も、将来の為と考えると充分メリットがあると言えます。
しかし実際には幼稚園ではお子さんは静かに座っているのではなく、遊具で遊んだりお友達とかけっこをしたり、さらに砂場で遊んだりと様々な経験をする事になります。
その為、服のデザインによっては動きが制限されてしまう為に、ある程度デザインなどのルールを決めている幼稚園も実際に存在しているのが現状です。

例えば、男の子の場合はそれ程厳しくはありませんが女の子の場合はスカートやチュニックなどひらひらとしている物は禁止という所もあります。
この理由としては、どうしても激しく動く時に服が邪魔になってしまうという事などを挙げる事ができます。
また、パーカーを着るのは禁止という幼稚園も珍しくありません。
デザインから行くとパーカーはとてもおしゃれで、少し肌寒い時にも着せやすい物なので利用したいと思う保護者の方は大勢いるでしょう。
しかし注意したいのはそのフード部分です。
園児が遊具で遊ぶ場合、さらに木登りなどをする場合に時にはそのフードが引っかかってしまう可能性が出て来ます。
その為、どれだけかわいらしくおしゃれなデザインの物であったとしても、パーカーを着せるのは禁止となっている場合があるので注意しましょう。

園指定の制服を用意しなくても良い場合でも、色々なルールが決められています。
それにしたがって幼稚園用の服とプライベートで着る服を分ける方が無難な場合も多々あります。